Hanasaku Diary 
TOPへ戻る 次は2002年4月分を見る
Wednesday, 31 October, 2001 晴れ 風も無く穏やかな1日だった
学名:Primula auricula
和名:アツバサクラソウ
プリムラ・オウリキュラ やはりフィニッシュを飾るのはこの花しかない。昨年種を蒔いた株にこの秋一つだけ花芽を持った。ハウスの中で条件が良かったのだろうか?なんともいえないグラデーションがたまらない。あとの株は来年の春のお楽しみ。
Tuesday, 30 October, 2001 晴れ
学名:Primula denticulata
和名:玉咲き桜草 
5月2日にこのHanasaku Diaryのトップを飾ってくれたデンティキュラータにもうこんなに大きな花芽ができている。これから迎える冬の豪雪の下でじっと耐えあと約5ヶ月半後にまんまるのかわいい花を咲かせる。こんな小さな植物のどこにそんなパワーが眠っているんだろう。このDiary も明日で休眠に入る。来年の春また植物達が元気に活動を始める頃までしばしお休み。しめくくりは何にししようかな?明日を乞うご期待!!
Monday,29
October, 2001
晴れ
学名:Antirrhinum majus
和名:キンギョソウ 金魚草
英名:Snapdaragon , Lion'smouth, Dragon's mouth
花の横の部分を軽く押さえると噛み付く様に口が開くので面白い英名が多い。日本では下側のひらひらした所を金魚の尻尾に見たてた。春に買った苗が涼しくなって今また元気に咲いている。
Sunday,28
October, 2001

学名:Calamintha
和名:カラミント
ハーブ大全の翻訳をされた神田シゲ先生からこの夏に頂いた苗が今ごろになっていっぱい花を咲かせている。小さくて目立たない花だがそんなところが私の好みにぴったりだ。
Saturday, 27 October, 2001 晴れ 今朝は東の空に朝焼けが見られた。雲一つない青空が広がり暖かい一日だった。
学名:Ruta graveolens
和名:ヘンルーダ
ミカン科の植物。大変古くから用いられたハーブ。シェークスピアの本の中でも花束に入れて束ねられたり魔女を見破る力があるとして首から下げて魔よけにしたりもした。耐寒性も強く夏に咲く黄色い花もかわいい。
Friday,26
October, 2001
晴れ 気がかりだった今日の天気。天気予報では晴れマークだったのに朝はどんよりと曇っていた.その後次第に回復し良い天気になった。ほっと一安心。
学名:Primula vialii
和名:ホザキサクラソウ 穂咲き桜草 ビアリー
桜草の仲間にしては花の形が変わっている。本来は晩春に咲く花だが花咲で育苗されているポット苗には花がいっぱい咲いていた。花の無い今の時期にぱっと明るい写真を提供してもらった。
Thursday, 25 October, 2001 晴れ
学名:Cerastium tomentosum
和名:ナツユキソウ 夏雪草
英名:Snow-in-summer
これもグランドカバーにお奨めの植物の一つ。耐寒性が強く春になると真っ白な花をマット状に一面に咲かせる。
Wednesday, 24 October, 2001 晴れ
学名:Lobelia erinus
和名:ロベリア
今年の春先にプランターに植えこんだ株が夏越しして秋にまた元気に咲いている。もう霜が何度か降りたというのに寒さにも結構強いという事がわかった。この花は大好きという人が多いが夏の暑さと蒸れに弱く腐らせてしまう場合が多い。ここ花咲は花にとっては良い環境なのだとつくづく思う。
Tuesday, 23 October, 2001 晴れ 風強し 昨夜遅くまで降っていた雨が上がり気温もぐんぐんあがって暖かい1日だった。
学名:Cimicifuga simplex
和名:サラシナショウマ 晒菜升麻
8月28日に真っ白に咲いた花をご紹介したが今は袋果が上半分うっすら紫色に染まりドライにするには最適だ。
Monday, 22 October, 2001
学名:Rosa multiflora
和名:ノイバラ 野薔薇
6月21日に開花したときの写真をUP。赤い実の中でもこのノバラの実とサルトリイバラの実はドライにしても実がしおれずきれいなまま残る。クリスマスリースの飾りに柊の実の代用として重宝する。
Sunday,21,
October, 2001
曇り 
学名:Ajuga reptans
和名:ジュウニヒトエ 十二単
別名:アジュガ
霜が降りてますます葉の色が美しい。抜群の繁殖力で匍匐して広がるのでグランドカバーに最適。これは葉にいろいろな色の斑が入るタイプで花のない時期も楽しめる。
Saturday, 20 October, 2001 快晴
学名:Campanula pyramidalis
和名:?
英名:Chimney bellflower
おととし種を蒔いたものが今年ようやく開花した。英名のチムニーベルフラワーとは良くぞ名づけたものでお風呂屋さんの煙突の様にぐんぐん伸びて2メートルをゆうに超えた。支柱が足りなくて風の強い日に残念ながら途中で折れてしまった。花の色は白と薄紫で次ぎから次ぎへと咲きつづける。花の大きさは一輪が5cm程度。来年は長ーい支柱を用意してどこまで伸びるか再度挑戦。種蒔く楽しみはこれだからやめられない。
Friday, 19 October, 2001 快晴 抜けるような青空が広がった
学名:Fugus crenata
和名:ブナ 
武尊田代のブナ林。新緑の頃のブナ林もきれいだが秋の黄葉も美しい。残念ながら今日はもう大分葉が落ちた後だった。カサカサと落ち葉を踏みながらそのふかふかした土の上を散策するのはとても気持ちの良いものだ。
Thursday, 18 October, 2001 晴れ
学名:Tropaeolum majus
和名:キンレンカ 金蓮花
別名:ナスタチューム
葉の形が蓮に似ているのでこの名がついた。葉はピリッと辛く花もエディブルフラワーとして食用にされる。種が大きく蒔けば簡単に発芽するので毎年楽しみに栽培している方も多いと思う。上手く夏越しができた苗は今また復活して霜が降るまでの間元気に咲いてくれている。
Wednesday, 17 October, 2001
学名:Artemisia schmidtiana
和名:アサギリソウ
昨日に引き続きシルバーリーフ。しなやかで触り心地の良い葉。一見弱そうに見えるが耐寒性は強い。鉢にこれだけで植えてもこんもりとして見事だが寄せ植えやハンギングバスケットまた花壇に植えこむと良いアクセントになる。
Tuesday, 16 October, 2001 晴れのち曇り
学名:Stachys byzantina
和名:ラムズイヤー
英名:Bunnie'sears, Lamb's tongue
手触りがフワフワして気持ちがいい。名前が示す様に動物の毛皮の様だ。ドライフラワーにもなるピンクのかわいい花が6月の梅雨の頃に咲く。今は冬越しの準備のためか株もしっかりしてきていい感じ。繁殖力も旺盛で場所が気に入れば1年で10倍にも増えるのでグランドカバーにも向いている。シルバーリーフは花壇に変化も与えてくれる。お気に入りの植物のひとつである。
Monday, 15 October, 2001 晴れ
学名:Viola
和名:パンジー サンシキスミレ
7月に蒔いたパンジーの花が咲き出した。パンジーの名はフランス語ではpensee パンセ(考える)というのだそうだ。そう言えばどの花も少しだけ小首をかしげて考え事でもしているかの様に見える。
Sunday, 14 October, 2001 晴れ
学名:Euonymus macropterus
和名:ヒロハツリバナ
UFOみたいな紅い実はなんともユーモラスな形をしている。ニシキギ科の仲間にはニシキギやマユミ、ツリバナ、ツルウメモドキなど美しい仮種皮に包まれた実(種子)が多い。
Saturday, 13 October, 2001 曇りのち晴れ
学名:Cornus kousa
和名:ヤマボウシ 山法師
花の様子は6月29日に紹介。赤く熟した実は食べられる。
Friday, 12 October, 2001 晴れのち曇り夕方雨
学名:Akebia trifoliata
和名:ミツバアケビ 三葉木通
熟した果実を口いっぱいにほおばって甘い汁を味わった後プップッと飛ばして遊ぶ。中の種は真っ黒でピカピカひかる。蔓は細くしなやかで篭などの工芸品にも利用される。このところ乱獲の為か以前あったところにめっきり実がならなくなった。
Thursday, 11 October, 2001 晴れ 日中は半そででも寒くないほど良いてんきだった。夜になって澄みきった空には満天の星が輝いている。
学名:Stewartia pseud-camellia
和名:ナツツバキ 夏椿
別名:シャラノキ
花の開花の写真は7月11日に紹介。この実はこの後茶色く木質化し先が5つに割れる。
Wednesday, 10 October, 2001
学名:Setaria virdis
和名:エノコログサ
そうご存知 猫じゃらし。何故か植物全体がこの暗褐色をしていてきれいだ。アスファルトの割れ目とか駐車場の砂利の中とかやせ地に生えている。 
Tuesday, 09 October, 2001 晴れのち曇り
学名:Empetrum nigrum var. japonicum
学名:ガンコウラン 岩高蘭
本日ガイド氏日光白根山山頂付近にて撮影。残り少ないガンコウランの実。
Monday, 08 October, 2001 雨のち曇り
学名:Anemonopsis macrophylla
和名:レンゲショウマ 蓮華升麻
9月2日にご紹介した花後の袋果。うつむいて咲いていた花の花柱が残り反り返る様は鳥がくちばしをそろえて歌っているかのようだ。
Sunday, 07 October, 2001 曇りのち晴れ
学名:Primula ?
和名:プリムラ ジュリアン?
何年か前に頂いたプリムラ。 ちっとも増えないが花の無くなるこんな時期に花壇の隅でで色鮮やかに咲いていた。デンティキュラータのつぼみもずいぶん膨らんできた。7月に蒔いたパンジー、やヴィオラの花も咲き出した。長くて厳しい冬の訪れを知ってか知らずか・・・雪が降るまでの間しばし楽しませてもらおう。
Saturday, 06 October, 2001 晴れ
学名:Aralia cordata
和名:ウド 独活
春先に山菜として食卓を飾ってくれた独活も丈が伸び食すには硬くなってしまうと忘れられてしまう。秋になって実が黒く熟すとああこんなところに独活があったんだと思う。来年の為に覚えておこうと思うのだが春になるとけろっと忘れている。
Friday, 05 October, 2001 晴れ
学名:Rhodotypos scandens
和名:シロヤマブキ 白山吹
漆でも塗った様に見える黒い光沢のある実は4個づつ付き冬の厳しい気象の中もじっと耐えつづけるほどしっかりしている。花の咲いている様子は5月24日に紹介。
Thursday,04,
October, 2001
晴れ
学名:Vaccinium oxycoccus
和名:ツルコケモモ 蔓苔桃
この写真は本日尾瀬が原にて撮影。湿原の中に蔓を這わせて生えてる。9月24日のコケモモと比較し葉が少し細いのがおわかりいただけるだろうか?
Wednesday, 03 October, 2001 晴れ 昨夜から吹き始めた強風は凄まじかった。
学名:Ampelopsis brevipedunculata
和名:ノブドウ 野葡萄
青や紫やピンクや白や緑や様々な色が現れるこの実はとてもきれいだ。中にすこし大きく膨れているものがあるがこれは虫(蝿や蜂のなかま)の幼虫が寄生している。残念ながら食べられない。
Tuesday, 02 October, 2001 晴れのち曇り 夜になって強風と雨
今日が本当の満月。ものすごいスピードでかけぬける雲のすきまからまた今宵も月を眺めた。冷たい風に冬の気配を感じた。
学名:Creolophus pergamenus
和名:ブナハリタケ ぶな針茸  食用
いよいよ山に咲く花が少なくなってきた。今日はちょっと目先の変わったところできのこのご紹介。ブナやカエデ類の立ち枯れの幹や倒木などに重なる様に生える。きのこは中毒を起こす場合があるので必ず詳しい人に確認してから食すこと。
Monday, 01
October, 2001
雨 濃霧 今日は十五夜。あいにくの雨降りだった。用があって外へ出てみると流れる雲のすきまから満月が顔を覗かせていた。
学名:Aster tataricus
和名:シオン
2メートル近くにもなる大型のキク科の花。大変丈夫で秋遅くなってから花が咲く。このあたりには自生しない。

今日から私のお気に入りの花を写真入でご紹介します.種を蒔いて育てたものやここ花咲に自生しているものまでいろいろなジャンルの花を取り上げます
2001年10月